2013年01月18日

トヨタ車・スパーキーの評価

トヨタブランドのダイハツOEM車は、その強力な販売力により、本家をしのぐ売れ行きを示すことが通例となっていたが、スパーキーの総販売台数はアトレー7を下回った。このような事情もあり、同じく3列シートを持つコンパクトミニバン、シエンタの登場と、ビスタ店のネッツ店統合もあり、本家よりも早い3年強で販売を終了している。

その一因には価格設定があったと考えられる。通常OEM車はグレード名を変えることはあっても、ベース車とほぼ同じ内容のモデルをほぼ同じ価格帯で販売されるものである。しかし、スパーキーはベース車であるアトレー7とは装備設定などを変え、価格が10万円前後上がっていた。特にアトレー7にはインパネ中央に取り付け部はあるものの目隠しを施し装備されなかった蛍光管式デジタルクロックが他のトヨタ車と同様にスパーキーに装備されたりなどという違いがあった。これには、ダイハツとの直接的な競合を避けるという意図があったとみられるが、結果的にユーザーはスパーキーよりも割安感のあるアトレー7に流れた。

販売店はトヨタビスタ店(沖縄県はネッツトヨタ沖縄)であった。

違うスパーキーも有名。
http://resato.doorblog.jp/
posted by まきな at 00:17| 日記

2013年01月17日

高速道路

高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレに行きたくなったのでサービスエリアに立ち寄りました。
手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から 「やあ、元気?」と声がしたのです。男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。
どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに「まあまあだよ」と答えました。
すると隣人は「そうか……それで、今何してるの?」と言うのです。
妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」
やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。
「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」


オススメ
http://hayanure1.meblog.biz/
posted by まきな at 18:53| 日記

火力発電のデメリット

CO2や、燃料の種類によってはNOx・SOx等を多量に排出する。(ただしたとえば横浜市に存在するJパワーの発電所のように横浜市と公害防止協定を結んで最新技術によりそれらを最小限にしている例もある)
稼動にあたり、大量の化石燃料を必要とし、化石燃料が値上がりすると、電気代値上がりで膨大な国民損失を発生させるリスクがある。(ただし、全世界に存在する石炭火力発電はあらゆる発電の中で最もコストが安いため中国は週に1機のペースで新造が続いている)
国内の投資・雇用誘発効果が低く、外国にエネルギー供給の急所を握られる(ただし、六本木エネルギーサービスのように街全体の再開発の中で、都市ガスから電気と熱を供給し多くの雇用を生んでいる例がある)

足痩せならばhttp://h74l8d9l.dtiblog.com/もお勧めです。
posted by まきな at 11:31| 日記