2012年12月28日

ユッケの食中毒

ユッケは生肉を食するものであるため、腸管出血性大腸菌やサルモネラなどに感染する可能性があると言われているが、内部組織へ菌が侵入しないため、大きな塊を使用し、周りを削り落とす「トリミング」によれば菌低減の効果がある。また、業界団体である全国焼肉協会は、「生食用食肉の取扱いについて」(2011年(平成23年)5月6日)では「安全性の確保についてはお店の対応次第で、ゼロリスクに近づける」としている。
厚生労働省の発表している食中毒統計によれば、ユッケが原因とみられる事例は10年間で13件の食中毒が発生している。

pr
http://boum.blogoo.ne.jp/
タグ:ユッケ
posted by まきな at 13:11| 日記